コンテンツへスキップ

悪意のある低レベルなカジノを見極める方法

今ギャンブルの中で、最も新しいジャンルの位置付けにあるのは、オンラインカジノというカテゴリーでしょう。
オンラインカジノとは、インターネットでバーチャル的なカジノ環境で実際にお金を賭けて、配当金を稼げるギャンブルゲームです。
今では世界中のギャンブラーがネットを介して、オンラインカジノにアクセスが集中しています。

オンラインカジノの魅力・特徴

一言にオンラインカジノといっても、インターネット上に数多くのサイトが公開されています。
ゲームの種類としては、カジノでプレイできるルーレットやスロットマシン、ポーカー、ブラックジャック、バカラなどがあり、これら全てをオンライン上で楽しむことができるのです。

オンラインカジノの魅力は、なんと言っても自分の好きな時に参加者できることです。
今では、パソコンは当然のこと、スマホ・タブレットでもエントリーして賭けることができるので、ちょっとした空き時間があれば、ネットからオンラインカジノのサイトにアクセスして、自分のお好みのゲームで賭けることができます。

このギャンブルの特徴は、オンライン型の賭け事なので、お金もクレジット決済や電子入出金でのやり取りになります。
あらかじめ電子決済の手続きさえ完了していれば、スキマ時間ができたタイミングでスマホからサイトに参加してプレイできます。
最近のオンラインカジノでは、従来のCG型ビデオゲームに加え、ライブカメラで撮影したゲーム環境をリアクション配信しているので、その動画を見ながら、ギャンブルに参加することもできます。
スマホの画面とは言え、リアルなカジノ環境で参加することができるのです。

オンラインカジノと他のギャンブルとの違い

オンラインカジノと他のギャンブルとの違い

ギャンブルというと、一般的に思い浮かべるのは競馬や競輪などの公営ギャンブルでしょう。
その他に競艇(ボート)やパチンコ、宝くじもギャンブルになりますが、これらのギャンブルと比べてもオンラインカジノは、大きな違いがあります。
最近では、競馬やスポーツ振興くじもできるようになりましたが、オンラインカジノが一線を画す程違いを見せるのは、ペイアウト率の高さでしょう。

ペイアウト率とは、賭け金総額に対する配当金の率で、このパーセンテージが高ければ高い程、プレイヤーが儲かる可能性が高いということなのです。
そのレベルを具体的に比較してみると、身近なパチンコではおおよそ60%で、競馬や競輪だと80~85%と言われています。
これだけ見ると、意外と高く感じてしまうのですが、オンラインカジノでは、ゲーム全体の平均値でも95%前後はあります。

この率は、ルーレットやスロット、カードゲームを含めた平均値なので、個別に見るとブラックジャックなどは、99%と驚く程の高さを誇っています。
これだけの高さだと、オンラインカジノの胴元は儲けが少ないと思えますが、インターネットで世界中から多くのプレイヤーが参加してきていることや、オンライン型による経費削減などでしっかりとプレイヤーに還元することができているのです。
まさに薄利多売の状態ですが、これが他のギャンブルと異なる点でしょう。

オンラインカジノに詐欺やインチキは存在するか?

こんな魅力の高いオンラインカジノですが、インターネットの世界で展開しているゲームだけにリスクがないのか不安になる人もいるでしょう。

確かにオンラインカジノには、リスクも潜んでいる場合もあります。
それはオンラインカジノの中にインチキで詐欺的なサイトがあることです。

世界には1000サイトを越えるオンラインカジノが公開していると言われているのですが、その中には電子決済の段階でお金だけを騙しとるサイトも存在しており、注意が必要なのです。
しかし、その対策方法さえしっかりと行っていれば、まず詐欺に遇うことはありません。

詐欺サイトに掴まらないためには

インチキサイトを避けるためには、逆に言うと信頼のおけるオンラインカジノを選ぶことになるのですが、その見極め方は結構簡単です。
その方法とは、オンラインカジノの運営許可証ともいえるライセンスを持っているかどうかを見極めることなのですが、このライセンスがカジノサイトに掲示されていれば、心配することなくそのサイトでプレイすることができるのです。

詐欺サイトに掴まらないためには

ライセンスは、カジノが法的に認められている国の政府が正式に発行したものですが、それまでに厳しい審査を受けなければなりません。
その結果、優秀なサイトだけに許可証が与えられるので、そのカジノさえ見つければ詐欺に遇うことがないわけです。

但し、ライセンスの発行国によっては、信頼性が薄いケースが若干あるので、その点も考慮しておくと、さらに信頼性が高まります。
特に南米エリアの国々が発行したライセンスは、審査基準が甘い傾向があるために、しっかりと管理できなていないオンラインカジノも許可を受けているリスクもあります。

そのために昔からカジノが合法化されていたイギリスやその関係国(マン島、マルタ、ジブラルタルなど)が発行したライセンスのオンラインカジノが安心して利用できるとされています。
このようなことを見極めることがオンラインカジノで楽しむための必須ポイントとなるでしょう。

インカジとは?

インカジについて、きちんと理解されていないという方は多いのではないでしょうか。
オンラインカジノとインカジは一緒にされてしまうことが多いです。
これらは同じと勘違いされている方もいますが、実は全く違うものです。

インターネットカジノを略してインカジと呼んでいるのですが、オンラインカジノで遊ぶという点では、オンラインカジノと同じです。
違うポイントとして何より注目すべき点は、このインカジというのはネットカフェやマンションの一室のような店内など、実店舗でプレイをする点で異なっています。
インカジは店内で基本的にはチップを購入することが出来て、勝った場合もその場で換金をすることが出来ます。

インカジとは?

オンラインカジノの場合には、入出金をする際にはアカウントを作成する必要がありますし、出金の際には出金申請をしてから銀行送金をするなど、ワンクッション置かなければならないという特徴があります。
従って、店内で換金ができるという手軽さで、インカジはメリットが有るように思われます。
しかし、このような店内で賭博をする行為については日本国内では完全に違法となっています。
インカジで遊んだ場合、経営者側はもちろんのこと、遊んだプレイヤーも逮捕されてしまいます。

インカジで果たして勝つことはできるのか?

日本では法律的には完全にアウトとなっているインカジですが果たして勝つことができるのかという問題があります。

結論から言えば、インカジでトータルで勝つということは不可能であると考えられています。
これはなぜかというと、オンラインカジノの場合にはオンラインカジノが合法の国で運営されています。
運営するためには、基準が大変厳しく国による審査が必要で、許可証であるライセンスが発行されます。

インカジは、これらのオンラインカジノを使用しているものの、日本では法律的に違法ということもあって運営している業者もブラックな人たちが運営をしているということになります。

ユーザーの方がもしも大勝ちをして大金を受け取ることが出来たとしても、本当にそれを払うでしょうか?
ブラックな運営である以上、実際には払うことはないことがほとんどです。
なぜなら、裏側で遠隔操作をしていたり、不正をしていたとしても、お咎め無しだからです。

インカジが違法な理由

上記の通り、オンラインカジノは合法国によって許可されて運営されています。

日本国内では法律的には合法とは言い難いですが、違法とも言い難い存在となっています。
オンラインカジノがこのようにグレーゾーンである理由として、海外にサーバーがあるからです。

海外の業者が運営をしていてそれを日本人が国内から遊んでいたとしても、それは罪に問うことは出来ません。
賭博罪というのは、胴元とプレイヤーを同時に罪に問うことが出来てこそ成立するものですので、オンラインカジノの違法性を立証することは極めて困難なのです。
実際にオンラインカジノをやっていたプレイヤーが逮捕されてしまった事件が2016年にありましたが、結果的に不起訴処分となっています。

しかし、インカジは事情が異なります。
インカジの場合は店内で現金のやり取りが行われ、実際にカジノのできる場所を運営者が提供していることになります。
これは立派な賭博罪に該当します。また、そこで賭博をするものも賭博罪になります。

インカジが違法な理由

警察がインカジに突入すれば、その場にいたプレイヤーも含めた全員が逮捕されてしまう可能性が極めて高いです。

インカジはどこで営業されている?

このようにインカジは違法な存在ですので、けして堂々と営業されてはいません。
インカジはひっそりと営業されているのが特徴で、都会の繁華街などの雑居ビル、マンションの一室で看板を掲げずに運営されています。

このため、プレイヤーが自ら訪れることは不可能に近いのですが、運営業者側が街なかでキャッチをしていることがほとんどで、歩く人に声をかける形で呼び込みをしています。
このような誘惑にけしてついていかないように気をつけましょう。

その他のインカジの問題点とは?

インカジは違法な存在であること以外にも、その他の問題としてインカジは反社会勢力が運営している可能性が非常に高く、何かしらトラブルに巻き込まれてしまうことが多いという特徴があります。
インカジでもしも勝った場合も、基本的にはインカジは違法ですので、プレイヤー側は弱い立場です。
警察にも相談することが出来ず、不正や支払いをしてもらえなかったとしても泣き寝入りするしかありません。

その他のインカジの問題点とは?

第三者である監査機関が監査をしているオンラインカジノと違い、インカジはチェックする機関がそもそもありませんので、やりたい放題であると言っても過言ではないでしょう。
ギャンブルで勝ちたいと思っている人の場合、インカジでプレイをしたところで、メリットは一つもありません。

オンラインカジノの場合、審査をされた上で国の許可をもらっていますので、不正のない安全なギャンブルが出来ます。
けしてインカジでは遊ばないようにしましょう。

ますます盛り上がりを見せるオンラインカジノ。
ブームの波に乗る一方で、そもそもオンラインカジノって合法なの…?と不安に思われている方もいるのではないでしょうか。

オンラインカジノの運営や体制については、実はあまり知られていない事が多いです。
今回は「オンラインカジノは無許可で運営できるのか」という問題について深堀りしていきたいと思います。

オンラインカジノは無許可で営業できない

オンラインカジノは無許可で営業できない

オンラインカジノを、スマホのゲームアプリと同等に考えているのは大間違い。
実はオンラインカジノは無許可では運営ができない仕組みになっている、超厳しい世界のゲームなのです。

オンラインカジノを新規に申請するためには、まずオンラインカジノが認められている国で運営会社を設立する必要があります。
カジノを運営する企業は国の政府機関に出向き、カジノ専用のライセンスを発行してもらう必要があります。

このときライセンスはどんな企業でも発行してもらえる訳ではありません。
一定の運営資金があるのか、セキュリティ体制に不備がないのか、カスタマー体制は整っているかなどの面もチェックされます。
こうした様々な条件をクリアした上でライセンスを取得できるのです。

こうした点を考えると、いま世の中に出回っているオンラインカジノ会社は「一定の条件をクリアしている安心な企業」ということができると思います。

ただライセンスの認可は国によってまちまちであることも多いため、ライセンス発行の国がどこなのか見極めることも「安全に遊ぶ」うえで重要なポイントになってきます。

第三者機関が公平性をチェックしている

またオンラインカジノは、それぞれのハウスが好き勝手に経営を進めているわけではありません。
毎晩本番のカジノさながらに、数億ドルを超えるマネーが動くため、監視の目もいっそう厳しくなっています。

第三者機関が公平性をチェックしている

あまり知られていないのですが、オンラインカジノにも第三者機関が存在します。
この審査機関は偏りのない公平なメンバーで結成されていて、各オンラインカジノ業者に不正やウソがないか・おかしいマネーの動きがないか、日夜監視を続けています。
こうした監視を続けていることで、世界のプレーヤーたちは公平な場で正しくお金を稼ぐことができます。
基盤がしっかりしているからこそ、初めての方でも安心してお金をつぎ込むことができます。

ソフトウェアの監視もおこなわれている

またオンラインカジノを語るうえで欠かせないのが、ネット上で使われているゲーム用のソフトウェアの存在です。
オンラインカジノの大きな目玉となっているのが、ラスベガスやマカオさながらのドキドキするような臨場感です。

まるで本場のカジノバーを訪れたかのような、ダイナミックな音楽と舞台装置をたっぷり味わうことができます。
こうしたドキドキ感を提供しているのが、世界屈指のプログラマーたちです。

ソフトウェアの監視もおこなわれている

世界には100を超えるオンラインカジノ専用のソフトウェア会社があり、オンラインカジノのプログラミングやゲーム開発をおこなっています。
「いかにお客さんを魅了するゲームを作るか」がこうしたゲーム会社に求められている課題。
優秀なプログラマーたちは、集客力を高めるサイトづくりに日夜いそしんでいます。

オンラインカジノを運営する業者と、ゲーム本体を作るソフトウェア会社は別のことが多いため、そこに大きな抜け穴が存在することがあります。
悪意のもったプログラマーが紛れ込んでいた場合、ソフトにデータ漏えい・ウイルス感染などのマイナス・プログラムを組み込むことも想定できるからです。
こうしたトラブルを防ぐためにも、各オンラインカジノ業者は納品前のソフトウェアに悪意あるプログラミングが含まれていないか「第三者機関にチェック」をしてもらっています。
公平な立場の機関に依頼することによって、安全なカジノサイト作りに貢献できるからです。

一度に数億円を超える大金がやり取りさせる大舞台だからこそ、その裏では並々ならぬオンラインカジノ業者の努力が見え隠れしているのです。

ヨーロッパでは大企業が運営している業界

トランプゲームやオセロなど数々のゲームを生み出してきたヨーロッパ。
オンラインカジノの歴史は古く、ヨーロッパには多くのカジノ愛好家がいます。

日本ではオンラインカジノと聞くと「小さな企業が運営しているのでは?」と推測されることも多いのですが、ヨーロッパのカジノ業界を見てみると意外にも「一部上場の大企業が運営していること」が多く驚かされます。

お金が余っている裕福な企業が、社員への福利厚生の一環としてオンラインカジノ事業をおこなっているのです。
もちろん本業は不動産経営・金融業・鉄道業など別のところにありますが、母体が大きいからこそ安定した運営をおこなうことができるようです。
リッチな企業が手広くおこなっているビジネスということがわかると「オンラインカジノはいかに安全なのか」分かるかと思います。

オンラインカジノを始める前に

ギャンブルに興味をお持ちのかたは少なくないでしょう。
お手軽なオンラインカジノを始めてみませんか?

アカウントの登録について

アカウントの登録について

オンラインカジノを始めるには、カジノサイト運営業社への登録を済ませる必要があります。
気に入ったカジノサイトをみつけたら、さっそくアカウントの登録を済ませましょう。
登録方法は簡単で、ホームページのガイドに従えば、比較的容易に手続きを終わらせられます。

注意してほしいのは、悪質な詐欺カジノの存在です。
こうしたカジノサイトに登録を済ませてしまうと、さまざまなトラブルに見舞われることになります。
つぎの項目で、悪質カジノサイトの見抜きかたをレクチャーしましょう。

詐欺サイトの見抜き方

まず、カジノのホームページ全体をしっかりと観察してください。
なんとなく怪しいと感じる場合には、登録を見合わせるべきです。
また、カジノライセンスの有無を確認することは必須となります。
悪質な運営業者では、ライセンスを所持することができません。
ライセンスがしっかりと提示されていれば、ひとまず安心と考えましょう。
さらに万全を期すならば、第三者機関による審査を受けているかを確認してください。

サポート体制について

サポート体制について

オンラインカジノといえば、以前は英語によるサポートが常識でした。
しかし、現在では日本人プレイヤーの増加にともない、対応がすすんでいます。
メジャーなポピュラーサイトの多くが日本語によるサポートを実施しており、ちょっとしたトラブルならばすぐに解決を目指せるでしょう。

準備したい身分証明書について

準備したい身分証明書

勝ち金などの出金をするためには、身分証明書のコピーを提出することになります。
カジノ運営側からすれば、身元をしっかりと確認しなければ現金を送るわけにはいきません。
代表的なものとして運転免許証が挙げられます。
もし所持していなければ、公共料金の明細書でもOKです。

ここで注意してほしいのは、アカウントの登録時に提出している個人情報との整合性となります。
情報が合致していなければ、大きなトラブルとなる可能性を有しますので、十分に注意してください。

オンラインカジノをスタートさせるには

手軽に楽しめるギャンブルとして、オンラインカジノが人気急上昇となっています。
気になるならば、さっそくカジノゲームをスタートさせましょう。

まず、カジノサイトを選ぶところから始めてください。
なるべく人気のあるカジノサイトを選ぶことがセオリーです。
カジノが決定したら、ソフトウェアのインストールをおこないましょう。
方法は簡単です。ウェブページにインストール方法がガイドされているはずですから、表示される内容に従ってインストールをすすめてください。

ブラックリストの存在について

オンラインカジノをスタートさせる前に、ブラックリストの存在を認識してください。
ブラックリストは金融事故だけではなく、不誠実な登録情報に関しても掲載されてしまう可能性があります。
このリストが怖い点は、いったん掲載されてしまうとなかなか消えない点です。

また、業界内に共有されますから、現在登録しようとしているカジノサイトだけではなく、多くのカジノサイトから追放されてしまうこととなります。
ブラックリストへの掲載は、事実上オンラインカジノを楽しむことが難しくなると認識してください。

入出金手段について

入出金手段について

オンラインカジノはギャンブルですから、カジノを運営する業者へ入金を済ませなければプレイを楽しめません。
しかし、海外に拠点を置くカジノ運営業者への入金は、簡単ではないのが実情です。

安全かつスピーディーに決済を完了させるためには、クレジットカードの利用がオススメとなります。
国際ブランドのクレジットカードが必須となり、ガイドに従って利用すれば簡単に入金を完了させられるのです。
また、長期的にカジノでプレイをするならば、電子決済サービスの利用が推奨されています。
取り急ぎクレジットカードによる入金を済ませておき、そのあとで電子決済サービスの口座を開設すればよいでしょう。

オンラインカジノとギャンブル依存症の関係

オンラインカジノを始める前に「ギャンブル依存症」の問題をしっかりと意識しておきましょう。

オンラインカジノとギャンブル依存症の関係

ギャンブル依存症とは?

ギャンブル依存症の歴史は古く、1977年に世界保健機関であるWHOが精神疾患として認定しています。
これが意味するところは、条件さえ整えばだれでも陥ってしまう可能性がある、ということです。恐ろしいと感じませんか?

ギャンブル依存症とは、ギャンブルで得られる独特の高揚感が大きな快感として忘れられなくなり、やがて、脳のすべてをギャンブルが支配してしまうのです。
こうなると、まともな日常生活を送れません。家族のことを気に掛けたり考えることも無くなります。ギャンブルの為ならば生活資金も惜しくなくなるのです。
そのうちに、すべてをギャンブルにつぎ込んでしまいます。さらに状態が悪化すると、ギャンブル資金を確保するために、窃盗事件を引き起こすような事例が報告されているのです。
その為、なるべく初期の段階で対策を講じなければなりません。
 

オンラインカジノは大丈夫?

オンラインカジノは大丈夫?

では、オンラインカジノはどうでしょうか?
実は、オンラインカジノもギャンブル依存症に関しては高い危険性を有していると考えられています。

オンラインカジノは非常に身近ですから、思い立ったらすぐにギャンブルを始めてしまう可能性があります。
必ず客観的に自分の行動を確認してください。
ギャンブルをしていない瞬間にイライラが募りませんか?また借金をしているのに、さらに借金をしてまでギャンブルをしようとしていませんか?
思い当たるならば、リスクが高いと考えて間違いありません。

カジノ側によるギャンブル依存症対策

こうした問題は世界中で広がりをみせています。放置すれば業界全体に悪影響をおよぼしかねません。
そこで、カジノ運営側も対策を打ち出しています。

具体的には、あらかじめご自身でプレイ時間や入金などを設定できるようにしているのです。
これにより、際限のないプレイができなくなります。
さらにベラジョンカジノでは、ギャンブル依存症の治療を可能とする専門機関やカウンセリングの紹介をおこなっており、本腰をいれて依存症対策をおこなっているとして、各方面から高く評価されています。

スパム広告について

オンラインカジノを宣伝するスパム広告の存在が、イメージダウンにつながっています。
無差別かつ大量に送り付けられるスパム広告には、うんざりとさせられます。

ちなみに、スパム広告の語源とされているのはモンティパイソンによるコントとされているのです。
イギリスの伝説的コメディグループによるコントのひとつとして、食品としてのスパムが苦手な奥さまに、スパムを連呼して売り込んでいくコントが存在しています。
転じて、無差別かつ大量に送り付ける広告がスパム・コントと重なったのでしょう。

話が横道に逸れたのですが、悪質な業者によるしわざが業界全体のイメージをダウンさせているとすれば、迷惑な話です。

カジノカフェはなぜ摘発されるのか?

繫華街などでみかけるカジノカフェは通称「インカジ」とよばれています。
最近では、警察の摘発対象となっていますから、十分に注意してください。

カジノカフェはなぜ摘発されるのか?

違法なカジノカフェ

海外のオンラインカジノと契約を済ませたパソコンで遊べるようになっているのが、違法カジノカフェです。
店内のテーブルゲームで遊ぶだけのものはカジノバーであり、合法ですから混同しないようにしましょう。

カジノバーとカジノカフェの大きな違いは、利益が出るかどうかです。
カジノバーでは、いくら勝っても現金を受け取れません。つまり、ギャンブルではないことが明確です。
一方、カジノカフェはゲームに勝った場合に店内で現金を受け取れます。ここが大きな違いです。

またカジノバーでは、カジノ風にしつらえた店舗でディーラーを相手にカジノゲームを楽しめるスタイルとなっています。
あくまで雰囲気を楽しむスタイルですから、賭博罪に問われません。
かたやカジノカフェでは、オンラインカジノを利用しますから、明らかにギャンブルとみなされます。違いをしっかりと理解しましょう。

 

カジノカフェの摘発と逮捕容疑について

2006年の2月に京都のカジノカフェ「ゴールドラッシュ」が京都府警による摘発を受けました。これにより、店員2人と客2人が現行犯逮捕されたのです。
オンラインカジノを賭博罪に照らすとグレーですから、逮捕されるとは思っていなかったでしょう。
今回の摘発を検証すると、京都府警の執念が浮かんできます。

オンラインカジノを利用したカジノカフェは全国の繁華街に広がっており、暴力団の資金源として拡大傾向でした。放置すると、勢力の拡大につながる恐れがあり、警察としても総力を挙げて取り組んでいたのでしょう。
今回の摘発による逮捕容疑を検証すると、店員は常習賭博罪に問われました。客2人は単純賭博罪ですから、罪の重さが大きく違います。

 

京都地裁による判決

京都地裁による判決

今回の店員2人は2007年に判決が下っています。
概要は懲役2年であり、執行猶予が5年ついております。また、追徴金が1億139万円であり、ほぼ求刑どおりの判決です。
判決内容としては、長期間にわたる点と事業化していた点を悪質として重い刑事責任となりました。客2人は単純賭博罪であり、軽い罪で済んだのですが、いずれにせよ十分に注意しなければなりません。

オンラインカジノの今後

自宅で楽しんでいるオンラインカジノがいつまでも安全とはいえません。
これからは、個人も自宅パソコンで遊んでいて摘発される可能性があります。カジノを含むギャンブルに対する見解を十分に確認しましょう。

ロイヤルベガスカジノ

オンラインカジノは企業によって運営される

オンラインカジノを経営しているのは、オンラインカジノを運営している会社になります。オンラインカジノは個人で運営することができないサービスにまで膨らんでおり、大半の場合は会社を立ち上げて経営を行います。必要な利益を確保することに加えて、ライセンスなどの発行を早めることが狙いにあります。

オンラインカジノの運営には多くの労力を伴う

個人でオンラインカジノの運営を行うのは非常に厳しいです。オンラインカジノに関連する問い合わせに対応していくこともできませんし、新しいゲームを用意することも無理です。更に、ライセンスを発行してもらわないと、正式なオンラインカジノとして認めて貰えないのですが、個人ではライセンスの取得はかなり難しい傾向にあります。
複数人で経営して、オンラインカジノに関する会社を立ち上げていれば、問題なく運営できるようになるでしょう。複数人で仕事を分けていくと同時に、オンラインカジノに関連する会社だと証明できれば、ライセンスの発行についても意外と簡単に行われます。

カジノレビュー

オンラインカジノの経営は健全に

無理な経営を続けていると、オンラインカジノが倒産してしまいます。倒産するような状況を作ってしまうと、負債だけが残ってしまい、将来的に厳しい状況となります。そこでオンラインカジノの会社は、健全な経営を行っています。当然監査役などがいますので、変なお金の使い方などを行わず、利益を優先して行動していく形になります。
健全に経営していないオンラインカジノは、次々と閉鎖に追い込まれています。得られる利益に対して、出費の額が多くなっていると、毎月赤字が多くなってしまいます。オンラインカジノを利用しているユーザーは少ないとされますので、好きな人から多く利益をもらえるように取り組まないと、すぐに閉鎖をしなければなりません。

会社として安定したオンラインカジノを作る

会社の目標は、大きな利益を上げることでしょう。オンラインカジノを運営している会社も、当然安定した利益を生み出すことを考えています。無理な経営は絶対に行っていませんし、安定しているサービスを毎日提供することを考えています。
オンラインカジノが不安定な状況にならないよう、サーバーなどのトラブルにも対応できる人を置いています。役割分担を行って1人1人がしっかりと行動し、オンラインカジノの安定した経営ができるようにするのも、オンラインカジノを立ち上げている会社にとって大事なことです。

ベラジョンカジノ更新

ゲームを更新して変化させる

オンラインカジノのゲームは、そのまま放置していると古いものばかりになり、信頼性が失われてしまいます。信頼できないオンラインカジノと判断されてしまうと、オンラインカジノとしての価値が薄くなり、他のオンラインカジノに客を持って行かれてしまいます。そこで、オンラインカジノのゲームを更新するように、一定のタイミングで行っているのです。

カジノゲーム更新

カジノのゲームの更新を行う

メンテナンスを行うことで、オンラインカジノのゲームを更新し、新しいゲームが実装されます。更新されているゲームの中には、他のオンラインカジノが先行実装しているタイプもありますが、人気があると思われるゲームは次々と導入しないと、どんどんオンラインカジノは遅れていると感じられるのです。
新しいオンラインカジノであることを示すためにも、新しいゲームは常に実装を考えています。ソフトウェアの会社に対しても、新しいゲームを次々と提供してもらえるようにお願いして、早めにオンラインカジノのゲームを作ってもらうのです。そして、一定のタイミングが北段階で、ゲームの更新を行って新しいゲームを導入しています。

古いオンラインカジノのゲームは処分

一方で、あまりプレイされていないゲームについては、速やかに処分する形になります。このままゲームを残していたとしても、遊んでくれる人がいないと思われるので、人気のないゲームを中心に処分する方針を採用しています。
処分が決まった段階で、オンラインカジノはメンテナンスでソフトウェアを取り外し、要らないゲームを処分しています。ソフトウェアの会社にゲームを返す必要はないのですが、残しておいても利用しないので、ゲームを受け取っている際に返却することもあります。

新規導入オンラインカジノ

オンラインカジノは常に生まれ変わる

とにかく新鮮なサイトで、新しいゲームばかりが準備されていることをアピールしないと、オンラインカジノは利用されないままになります。多くの人に遊んでもらうことを狙うために、オンラインカジノはソフトウェアの更新も頻繁に実施しているのです。
新しいゲームを増やすことで、ユーザーはいいゲームを見つけられるようになります。また、的中するかもしれないゲームが多くなっていますので、もしかしたら大きな的中が生まれるかもしれません。オンラインカジノとしては、多くのプレイヤーに利用してもらうことを第一に考えて、いいと思っているゲームを早めに導入する決断をしています。